O脚 遺伝

O脚は遺伝する?

日本人にはO脚が多いと言われています。
8割以上の日本人がO脚に悩んでいるという数字もあるほど。

 

親がO脚だと、子供も似たようなO脚である場合も多いようで、
「O脚は遺伝する」と言われることもあるようです。
親子でO脚?

 

実際のところ、O脚は遺伝するのか、しないのか?
O脚の遺伝についてはこんな考察があるんですよ。

 

考察1・骨格が似る説

「O脚は遺伝しない。しかし、親子は骨格が似るので親がO脚だと、子供もO脚になりやすい」

 

親子は骨格や筋肉の付き方が似る部分があるそうです。

 

O脚は、骨盤や股関節、ひざ下の骨などの骨格の歪みや筋肉の不均衡を原因とします。
骨格が似ていると、親と同じような歪みが出やすいということはあるようです。

 

考察2・生活習慣が似る説

親子は一緒に暮らすと生活習慣が似てきます。

 

例えば、床に座る生活習慣で親がぺたんこ座りをしていると、
子もそれにならってぺたんこ座りをする…などです。

 

骨格が似ているので、楽な姿勢が同じという側面もあるでしょうね。

 

O脚は本当に遺伝するのか?

多くの専門家が、O脚には遺伝的要素はなく、生活習慣によるものだとしていますが、
東洋医学で見ると、O脚には遺伝的要素もあるのだそうです。

 

ただ、その場合も「遺伝なので治らない」のではなく、
遺伝的なO脚であっても治すことができるのだそうなので、
悲観せずに正しい方法を学んで自分で矯正していくと良さそうです。

 

 東洋医学の権威が教える、遺伝的O脚でも矯正できる方法って??(全額返金保証)