O脚 股関節

股関節の歪みがO脚の原因になるというのは本当?

股関節とは、大腿骨と骨盤とつなぐ関節です。
両脚の付け根にあり、体重を支えたり、歩く、立つなどの動作に関わる、大きな関節です。

 

股関節が柔らかければこんなことも・・・

 

股関節は、O脚にも大きく関わっています。

 

特に、「歩き方」に問題があると股関節に異常をきたし、O脚になると考えられます。

 

外反母趾や扁平足で、足の指が地面から浮いた歩き方をしていると、
足先が外側に向かって流れる「ねじれ歩行」になってしまいます。

 

するとすねの外側の筋肉が発達し、膝の骨が外側に出っ張った「膝下O脚」になってしまいます。

 

それがさらに悪化すると、股関節にまでねじれのストレスが加わり、
脚の付け根の外側の骨・大転子が外側へ出っ張った状態になります。

 

これが、股関節の歪みがO脚の原因になると言われる理由です。

 

実際には、「歩き方が原因で股関節が歪んだ状態が、O脚」と言い換えることもできますね。

 

歩き方以外にも、股関節が歪む原因がある

股関節は骨盤とつながっています。
そのため、骨盤の歪みによって大転子位置がずれ、O脚になってしまう場合もあります。

 

骨盤歪みの原因はいろいろありますが、姿勢の悪さも一つの要因です。
猫背だったり、お尻が出た姿勢になっていると、骨盤が前傾したり後傾したりして股関節にも影響が出てきます。

 

 

O脚を予防、改善するためには歩き方や姿勢を改善していく必要があります。
股関節、骨盤の歪みを改善することが、O脚改善では重要となってくるのですね。

 

 

どうしたら骨盤や股関節の歪みを自分で整えてO脚を解消できる??