O脚 ハイヒール

ハイヒールの靴を履いているとO脚になりますか?

ハイヒールは脚を美しく見せてくれるアイテム。
しかし、実は脚に多大な影響を与える恐れがあるのです。
 こんなにスタイルアップ!と思っても・・・

 

ハイヒールはかかとが高く、つま先が細い形をしています。
履いていると足が圧迫され、膝や脚に力が入り、筋肉をこわばらせてしまうのです。

 

その結果、脚の外側の筋肉が無駄に発達し、
その筋肉が骨を引っ張ることで股関節など骨格に歪みが生じてO脚になります。

 

また、その状態でハイヒールを履く習慣を続けると、
骨盤や腰にまで影響が及び、O脚をどんどんひどくする恐れも出てくるのです。

 

 

また、ハイヒールは、外反母趾の原因でもあると言われています。
外反母趾になってしまうと、歩く時に足の指が地面に着かない、
「指上げ歩き」をしてしまいます。

 

その結果、足先が外側に向かってしまい、足首にねじれのストレスが生じます。
この、足首のねじれもO脚の原因です。

 

いずれにしても、「ハイヒールはO脚をひどくする」と考えて差し支えないでしょう。

 

対策法!ハイヒールを履かない時間を作ろう

とは言え、仕事柄ハイヒールを履かなくてはならない…という場合もあるかもしれません。

 

そういう方は、足に合った靴選びをすることや、
少しでもヒールの低い靴、ヒールが太めで安定している靴を選ぶことが大切!

 

また、ハイヒールを(デスクの下などでこっそり)脱いで足を休める時間を作るなどしてO脚予防をしましょう。

 

家に帰ってから、筋肉のこわばりをほぐすために
ストレッチをするのもO脚予防には効果的です。

 

きちんとケアしてO脚予防していきましょうね。

 

 

 このストレッチ法ならハイヒールでもO脚にならないかも!