O脚 サンダル インソール

O脚サンダルで本当にO脚は治るのか?

O脚を治すことのできるサンダルや、
靴の中に入れて使うインソールなどがいろいろ出ていますね。

 

サンダルでO脚矯正・・?

 

口コミを見ていると、
「O脚サンダルで膝が近づいてきた」
という書き込みも結構見かけます。

 

が、ここでご注意!

 

サンダルで膝が近づいてきた状態が、
O脚が改善している状態であるとは限りません。

 

というか、サンダルで膝が近づいていてもO脚は悪化していることさえあります。

 

サンダルやインソールは、靴底に傾斜をつけることで膝の間を狭めるようにできています。
が、骨格の歪みを矯正することなく、無理に膝の間を小さくしようとすると、
かえってその歪みを悪化させることになりかねないのです。

 

とあるO脚矯正インソールの口コミで、
「膝の間が狭くなって、くるぶしが出てきた」
と言っている方がいました。

 

この方はO脚が治ってきていると思っているようでしたが、
くるぶしが出てくるのは、足首の歪みがひどくなっている証拠。
膝の間を狭めることでO脚が悪化している例と思われます。

 

怖いのは、膝がくっついてきたので自分ではO脚が治ってきた!と思ってしまい、
実際には悪化させていることなんですよね。

 

O脚の矯正は、簡単にできるグッズに安易に飛びついて知らないうちに悪化させるより、
正しい方法でじっくり治すのが結局は近道になりますよ。

 

O脚の根本から正しい方法で治したいなら、この方法!